TOPに戻る
前のページ 次のページ

浮遊大陸編06:『紫電の憂鬱』









































↓2/15  最新更新分↓















優しい紫電ママ。

一方その頃・・・




↓感想などいただけると励みになります!↓

web拍手 by FC2
TOPに戻る
前のページ 次のページ
inserted by FC2 system


余談:


『夢』:
「魔法使いの見る夢には特別な意味がある。
 魔法使いは『深淵』から力を引き出しており、
 深淵には過去も未来も同じ場所に存在しているからだ。」

夢の世界を支配して最強の魔法使いになろうとした
魔法使い、ギーラはそう言った。
ギーラは夢を研究していたが、
ある時眠りについたまま目を覚まさなかった。
弟子は『夢に飲まれたのだ』と推測した。 




『紫電の母』:
西里イシリス。
紫電の母親で強力な魔法使いであった。
すでに死亡している。




『魔導研究員』:
魔法を研究し、開発する人員。
研究員になるには
かなり厳しい試験を通過する必要がある。




『最強の剣士の話』:
この話はすべて実話である。
サヌルカヌイが生きてきて
見てきた話である。




『焼き印』:


自分の所有物であることを示すため、
焼き印を入れられてしまった・・・。




『西里新十郎』:
紫電の父親。
三大魔法家のうちひとつの当主。

強力な魔法使いであり、
やり手の社長でもある。
ものすごい金持ち。
金持ちすぎてお札を燃やして暖を取る。

家出して爆安缶詰セールを心待ちにしている
紫電を心配して探していた。




『マルス様』:
とある不動産会社の御曹司。
紫電を嫁にしたいと思っている。
紫電の父もこの結婚に賛成している。

なんか臭い。




関連: